カテゴリ:ひとり言( 6 )   

ハハ、ラブ?   

最近カイチはよく
「ママ、好き」って言う。
それも唐突に。
車に乗っているとき、ご飯を食べてるとき、歩いているとき。
「ママも。」って普通に言うけど、ホントは気持ちはす~ごくハッピー。
きっと何の気なしに言ってることなんだろうけど。
「ママ、嫌い」 より、いいよね。
ぎゅ~と抱きしめたくなる。(運転中は無理だけど)

最近は元に戻ったけど、先週は何か嫌なことをされると、キンキン怒ってることが多かった。
体がちょっとしんどかったのもあるかな?反省。
ハハは気持ちに余裕がないと、ダメだと思う。

そんな余裕がないハハだったのに、「好き」って言ってくれてありがとう。
[PR]

by yuko4280 | 2007-10-11 07:21 | ひとり言

競馬場の悲劇   

カイチの苦手なもの・・・・それは薄暗いところ。

案外気の弱いところのあるカイチくん。(これはパパのこどものころとゲキ似らしい)
ここはダメだと思い込んだら、テコでもダメな頑固なところがあって困らせる。

一度2歳くらいのとき、ランチを食べようと、スープの美味しいお店に入ったら、
こじゃれたちょっと薄暗い雰囲気で、途中で泣き出し、一口食べてリタイア・・・という
悲劇もあった。

昨日のサークルで競馬場に行ったときもそうだった。
福島競馬場は中が公園になっていて、何度も訪れている。
福島テレビのお祭り、パパとの公園遊び、サークルで・・・
ただサークルで来るときは競馬が開催されていない平日なので、係りの人に案内してもらって
くら~い館内を横切っていくことになる。
一度来たときそのあまりの暗さとしずけさに恐れをなしてしまったらしい。
以来ここへ来ると、泣きそうな顔になる。
また、中の広場へ行く通路が薄暗い。

でもさすがにもう何度かきてるし、今日は大丈夫だろうと思っていたら、見事に打ち砕かれた。
途中までがんばって歩いたカイチ、通路に入ったあたりで、やはりあやしくなり、
だっこおおお~~~」 と連呼始めた。
(え~~) ママ、ミニョンをオンブで、ベビーカーには荷物がどっさり。
ちょっと横に抱えてみたけど、ずるずる引きずってしまった。
「帰ろうか?」っとちょっとカマをかけたら
「うん、帰る
「・・・・・・」
ちょっと待って~、そんなにサークルリタイアするほど、ここが怖いの??
結局私が根負け。
前にカイチを抱っこして歩いてはおろし、少し強制的に歩かせ、何とか公園にたどりついた。
その後はテンション下がったカイチも遊べていたようですが。

まだまだ体の負荷はおりなさそう。
[PR]

by yuko4280 | 2007-10-04 07:58 | ひとり言

もうくたくた   

体のあちこちが悲鳴をあげている・・・
もともと痩せているけどめったに病気をしない健康優良児な私。
ただ、最近は肩、腰、足に負担がきている。

原因はもちろんおんぶに抱っこ。
ミニョンは一人でおいておくと、とにかく大人しく座っていないので、必ず手をくわえている状態。
ちょこっと家事ではなれると、追いかける追いかける、どこまでも追ってきそうな勢い。
そこでちょっとしたときは「おんぶちゃん」となるのだが、最近の運動不足で、筋肉が衰えている
 カイチも抱っこ~~とか言うと、まさに「おんぶに抱っこ」状態となる。
前と後ろで、計25キロ。。。(泣)

1ヶ月に一度整体に行っているけれど、「座骨神経」が弱っていることが判明。
ちょっと押されただけで悲鳴がでそうな痛さ。
ああ~~この若さで。
運動を勧められてるが、そんな余裕もないし、そんな時間があるなら眠っていたい。
でもこうなったら背水の陣。
四の五の言っている場合ではない。
カイチに自転車こがせながら、自分も縄跳びでもするしかないかも・・・
体力の限界を感じつつ食欲だけは衰えないママでした。
[PR]

by yuko4280 | 2007-10-03 07:37 | ひとり言

行かず嫌い   

たまに、聞かなきゃよかったかな~って思うことがある。
この日の私がそう。

前々日、福島でMusicaという音楽祭があった。
イベント好きな私は何年も前からこのお祭りの存在を知っていたけれど、なんとなく
若いヒト(10代~20代前半)があつまってクラブぽいことをするのだと思い込んでいた。
きっかけもなく、興味はあったものの行ったことがなかった。
今年はママ友のYUKARIちゃんからお誘いがあったが、たまたま予定があったので、
断ってしまった。

で、彼女がうちに来て話をしていたとき、
「Musica、よかったよ。 ORANGE PECOE っていうバンドが来ていたの」
「ええええ~~~~っ」

そう、このミュージシャン、かなり好きでCDを買って聞いていたくらい。結構有名。
国内では私にとってかなりストライクなヒトだったのだ。ホントにがっくりしてしまった・・
こんなに近くで、しかも野外ライブで、コドモと一緒に聞ける機会なんてそうなかったのに。
来年はだれが来るのか分からないし、千載一遇のチャンスだった!!
あんまりがっかりしたので、聞かなきゃよかったとも思った。(バカです)

しばらく立ち直れずいたけれど、福島のお祭り、頑張っているっていうことと、自分と趣味が
合うことが分かったのは慰めとなった。
ホント、思い込みと偏見はよくない。

来年は行かず嫌いを克服して、参加します!
[PR]

by yuko4280 | 2007-09-17 07:13 | ひとり言

寝ない子   

最近パワーがダウンしている。

ミニョンが夜中眠りが浅くて、すぐおっぱいを飲みたがるので、当然のごとく私も浅い眠り・・・
朝起きても、ちっとも寝た感じがしない。

カイチもやっぱり寝ない子だった。
普通の赤ちゃんだと落ち着きはじめる1才過ぎまでそれはつづき、夜中3,4回 多いときで5,6回ちょこちょこと起こされた。起きてもワンワン泣くわけではないのだけど、おっぱいをくわえると、えんえんと吸い続けるのだ。 
これには体力には自信のあった私も参ってしまった。
もともと夜寝ないとだめなタイプだったし、初めての子で気が張っているのもあって(たまに神経質なときもある)次の授乳のことを考えたら、自分が寝られなくなったこともしばしば。
気が付くと空が明るくなってきたなんてこともよくあった。
「不眠」なんて自分には無関係だと思っていたら、厄介なものだと分かった。
今でもあのときのことを思い出すと涙が出そうになる。
ヒデチはヒデチで、「あんときは眠れなくてキツかった。お前も怒ってたし。」だって。
確かに。私はちょっとノイローゼ気味だったかも。
でも「怒ってた」はないよ。
せめて、「頑張ってた」と言って欲しい。それがせめてもの慰めじゃあないですか。
結局眠らないカイチは断乳する1歳7ヶ月まで細々と続き、途中からもう寝ないのに慣れっこに
なってしまってはいたけど、3時間以上熟睡できるまで1年7ヶ月かかったことになる。
はあ~~。育児はホント1に体力、2に体力。これにつきる。

ミニョンはそんな兄のことを考えると、毎日寝ないわけではないので、まあ上出来かな。
私も確実にカイチのときよりは体力がおちているし、まだ朝から晩まで彼らに付き合わなくては
いけないわけだから、毎日はやめてほしい。
こうやってどんどん母は精神的には強くなっていくんだとしみじみ。
[PR]

by yuko4280 | 2007-08-31 07:43 | ひとり言

愛情チャージ   

コドモってホントになかなか思い通りにならない生き物だと思う。
かわいくてもうどうしようもないときもあれば、にくったらしくてどうしようも
ないときもある。

それでも「ママ~抱っこ抱っこ」ってよってこられると、 やっぱり弱いなー
掃除機かけてるときも、料理しているときも、お構いなし。
それは容赦なく抱っこ攻撃が始まる。
いろんな要求は無視したりできるけど、これだけは無視不可能(-_-;)

とりあえず、手を止めて、むぎゅ~~って。
そうするともうなんにもなかったように自分の遊びに戻っていく
愛情を充電したかのように

3才になって体は大きくなって、力もずいぶんつよくなったけど、まだまだbaby
きっといつか「抱っこ」 なんて言わなくなるだろうなって。
そう思うとやっぱりね
[PR]

by yuko4280 | 2007-08-03 18:15 | ひとり言