日々進化中   

ミニョンは9ヶ月になった。

最近のミニョンはとにかくじっとしていない。
抱っこすれば、何か面白いものがないかきょろきょろ。
座っていれば、とたんにハイハイして何か興味のあるものに突進。
立っていれば、伝い歩きせずにはいられない。
ちょっと落ち着いて座ってれば~って言いたくなるくらい。
寝ている以外は、「動いていないとモード」のスイッチが入っているのかと思ってしまう。

カイチはこのくらいのとき、わりとどっしりした赤ちゃんだった気がするので、不思議。
最近は実はカイチより手を焼いているのがこの妹だったりする。

ずっと憂鬱なのが、食事時。
まず、ご飯の支度からそれは始まり、まず料理に集中できない。
オンブすればいいのだが、あまり広くないキッチン、ぶつかりそうで怖い。
いつだか包丁をつかまれたことがあり、寿命が縮むかと思った。
最近はキッチンの下に座らせ、遊ばせているのだけど、引き出しをあけ、出すわ出すわ。
夕飯の支度が出来る頃は、キッチンもすっかりお店を広げた状態となる。

いざ食事が始まると、今度は彼女、10分と大人しく座っていられない。
まあ、前述のとおりで当たり前って言えば当たり前。
しょうがないので、ダイニングはあきらめ、下のテーブルに立たせながら食べている。
あまりに落ち着いて食べないので、カイチ、
「みのちゃん(こう呼ばれている)、
ご飯ちゃんと食べないとトーマスになれないよ!」
(いや、たぶんトーマスになりたくないとは思うけどね・・・・笑)
でも、そんな兄にちょっと心癒されるハハ。

毎日そんな感じ。
上にイライラしたときは下に癒され、下にイライラしたときは、上に慰められる。
そう考えるとバランスが保たれていて面白い。

ふと見ると、立っていたミニョンが片手を離し、私に向かってバイバイの練習。
おーい、危ないじゃないか!
でも余裕の表情。
この前まで、ハイハイすらあやしくて、行き倒れていたりしたのに。
本当、赤ちゃんは毎日進化していく生き物らしい・・・・
[PR]

by yuko4280 | 2007-09-27 03:00 | ミニョンの成長

<< 太鼓練習 名月 >>